読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広角レンズと針尾無線塔

広角レンズを買いました

16-35mmか150-600mmかで散々迷ってゲロ吐きそうなくらい迷った結果

たまにしか使わないであろう望遠より広角を選んだ

 

せっかくなので大きな建造物を撮ってやろうと、デカかっこいい無線塔で有名な針尾へ行ってきた

f:id:tengpen:20160418231032j:plain

 のどかな風景にイキナリ現れる3つの塔

確か高さは130mほどある

肉眼で見ると巨大で不気味なんだけど写真に撮るとあんまり伝わらない

町中にあれば相当に目立つんだろうけど田園地帯のような場所に建ってるんで、他に大きさを比べるものがないせいかな

f:id:tengpen:20160418231329j:plain

塔の方向へ向かうと看板が出ている

塔の下には案内所のようなところが作られていて駐車場も整備されていた

3つの塔のうち2つは真下まで行ける

残りの一つは立入禁止区域の先にあるため近づけない、老朽化が原因だろうか

 

ネットで得た知識では、この塔が現役だった頃はそれぞれの塔の先端から先端へ電線をつないでいたらしい

当時はヘリとかなかっただろうに、どうやって130mもある塔の先っちょから電線を引っ張ってきたんだろうと不思議に思っていたが、実際に行ってみてなんとなくわかった気がする

その巨大さ故か塔同士の距離はかなり離れてると勝手に思い込んでいたようで、実際には数百mの範囲内にあるようだった

5分も歩けば塔から塔へ移動できるので、当時の人たちはヘリなんかなくてもどうにかして電線をつなげたんだろう

 

疑問の解決理由が「どうにかして」というのはかなり乱暴だけど、どうにかしたらどうにかできそうってことで納得できたからよしとしよう

 

思いっきり近くに行ってみた

f:id:tengpen:20160418231621j:plain

近づきすぎたか、先端の部分がどこまでも続いているようにもそうじゃないようにも見える

曇り空だから遠近感がないのかもしれない

f:id:tengpen:20160418231625j:plain

青空にしてみた

すごいねフォトショップ、ド素人なのに3分くらいでできた

しかし遠近感が出たといえばそうでもない気がする

むしろ三角錐型のピラミッドに見えてきた

 

さらに近づいてみる

f:id:tengpen:20160418231711j:plain

もはや塔には見えない

f:id:tengpen:20160418231814j:plain

やばい

全部三角形の建物にしか見えなくなってきた

f:id:tengpen:20160418232422j:plain

 

f:id:tengpen:20160418233026j:plain

撮ってるときはそんなに気にならなかったけど、こうしてみてみるとことごとく尖っている

広角で撮ればいいってもんではないのね・・

 

f:id:tengpen:20160418232747j:plain

いまいち塔の巨大さが表せないので

家族連れの観光客の方々に写り込んでいただいたがスケール感が全く伝わらんね

がんばって練習せねば

 

がんばったけど同じような写真を量産するだけだったので移動

 佐世保を通り過ぎて北に向かう

どうでもいいけど佐世保市街は常に渋滞している気がする

一時間ほど車を走らせ、変な建物つながりで星鹿にある城山展望台へ

f:id:tengpen:20160418233500j:plain

ぱっと見は立体駐車場のようだ

f:id:tengpen:20160418233620j:plain

なんでこんな形にしたんだろう、バリアフリー的な配慮だろうか

入口付近に案内板があった気がする

読んでないけどこの展望台が建てられた経緯がそこに書いてあったのかもしれない

f:id:tengpen:20160418233744j:plain

 屋上は冷たい風が吹いていて寒い

そしてここから見える景色が思った以上に普通で驚く

北は海といくつかの島々、東にはおとなしめの工場夜景があるのみ

わたしの他には一組の家族連れが屋上まで昇ってきたが、「揺れますね」と一言残してものの数分で下りて行った

 

あとここに行くまでの道が離合できそうにない一車線の山道なので気楽に来ようとは思えないのが残念だ

 

余談だけど数か月前に訪れたときは道路の舗装工事をしていて、一車線の道なのに片側通行の看板が出ていた

先に進むとアスファルトの半分が掘り起こされていて、看板通りに片側通行ではあるものの一車線しかないわけだから実質車両通行止めになっていて、細い山道をバックで引き返すことになった

通行止めの看板出しとけばその先には行かなかったのに、なんで通れもしないのに片側通行の看板出してんだ・・と不審に思ったものである

 

とはいえ変な建物としてはなかなか見応えがあるので、死ぬまでにもう一度くらいは来るかもしれない

f:id:tengpen:20160418234149j:plain

星空をバックにしてこの変な建物を撮りたかったのだが

月が明るくて星がよく写らなかったのが残念だ

f:id:tengpen:20160418233952j:plain